暑い日々が続きますね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
関東甲信越では先週梅雨明けを迎えました。
松本市では最高気温約30度超えの日が続き、夏本番といった気候です。

これからの季節、熱中症対策はもちろんのこと、日焼け対策も大事になってきます。
日光に含まれる紫外線は、オゾン層の破壊により年々緩やかに強くなっているそうです。
強い紫外線によって肌や髪がひりひりと焼かれてしまうと、日焼けやシミといった肌表面へのダメージの原因になる他、浴びすぎると皮膚がんや白内障等の悪影響が出る場合もあります。
一方で、人体に欠かせない栄養素であるビタミンDのもととなったり、うつ病の予防や改善に効果的というメリットもあります。
季節や天候を考慮し、適切に日差しを浴びることが大切ですね。

これから8月にかけてさらに紫外線量が増えていきます。外に出る際にはぜひ帽子や日焼け止めをご活用ください!